名所・旧跡

>ホーム

■鎌ヶ谷大仏■
安永5年(1776年)、鎌ヶ谷宿の大黒屋文右衛門が先祖供養に江戸神田の鋳物師多川主膳に鋳造させたもので、鎌ケ谷市の文化財としても指定されています。高さ1.8mの露座の大仏は、「鎌ヶ谷大仏」として親しまれています。
   
   
   
   



所在地 鎌ケ谷市鎌ケ谷1-5 
交通アクセス 新京成線「鎌ケ谷大仏駅」下車、徒歩2分
駐車場 なし
問合せ 鎌ケ谷市文化スポーツ振興課 047-445-1141
ホームページ  
データは随時見直すよう努めておりますが、掲載時と変わっている場合がございますのでご注意ください。また、リンクして いる情報内容や掲載企業の業務内容を保証しているわけではありませんので、本ページをご利用したことにより損害を 受けた場合でも、責任は負いかねます。
◆情報提供:Ossa
Last Update:Wed, 08/19/2009
名所・旧跡

>ホーム