名所・旧跡

>ホーム

■神崎神社の大クス■
神崎神社は、白鳳時代に大浦沼二つ塚より現在の場所に移ったもので、7000坪あまりの境内は「神崎の森」と呼ばれ、千葉県指定の天然記念物です。本殿脇には、国の天然記念物にも指定されている「なんじゃもんじゃの木」と呼ばれる大クスがあります。この木は水戸光圀公が「あの木はなんじゃ」と尋ねたところ、村人が「もんじゃ」と口ごもったことから、その名前がついたと言われています。
 

所在地 香取郡神崎町本宿1944番地 
交通アクセス JR成田線「下総神崎駅」下車、徒歩20分
駐車場  
問合せ 神崎神社 0478-72-3161
ホームページ http://www.infochiba.ne.jp/kozakitown/nature/(神崎町のホームページ)
データは随時見直すよう努めておりますが、掲載時と変わっている場合がございますのでご注意ください。また、リンクして いる情報内容や掲載企業の業務内容を保証しているわけではありませんので、本ページをご利用したことにより損害を 受けた場合でも、責任は負いかねます。
◆情報提供:Ossa
Last Update:Tue, 09/01/2009
名所・旧跡

>ホーム