名所・旧跡

>ホーム

■飯高寺■
1580年(天正8年)に開設され、江戸時代を中心に栄えた飯高檀林は、日蓮宗の最古、最大、最高の学問所で、最盛期には600〜800人ほどの学僧が学んだといわれています。明治時代に入って「学制改革」により廃檀となりましたが、講堂、鐘楼、鼓楼、総門は当時ままに保存され、国の重要文化財に指定されています。

所在地 匝瑳市飯高1789 
交通アクセス JR総武本線八日市場駅下車、千葉交通バス多古行「檀林」下車、徒歩10分
駐車場 無料
問合せ

0479-73-0097 匝瑳市教育委員会生涯学習課

ホームページ  
データは随時見直すよう努めておりますが、掲載時と変わっている場合がございますのでご注意ください。また、リンクして いる情報内容や掲載企業の業務内容を保証しているわけではありませんので、本ページをご利用したことにより損害を 受けた場合でも、責任は負いかねます。
◆情報提供:Ossa
Last Update:Tue, 09/01/2009
名所・旧跡

>ホーム