博物館・資料館・美術館

>ホーム

■旧大塚家住宅■
大塚家住宅では、建築構造と様式の特徴などから江戸時代末期の建築と推定されます。大塚家の生業は漁業で自給的な農業も営んでいました。この住宅の構造形式は、木造平屋建寄棟造茅葺で、漁業関係の家が多かった浦安では、比較的規模の大きい家であったようです。
この住宅の特徴は、屋根裏2階があり、土間と玄関の天井からあがれるようになっています。これは、たびかさなる洪水の被害に悩まされた先人達が生活の知恵として考えたもので、ここに避難したり家財道具をしまうなど、洪水による被害を最小限にしようとしたものです。

■見所 大塚家住宅は、浦安ではほとんど見ることができなくなった茅葺屋根の大規模漁家で、今もなお歴史的面影をとどめています。
■開館時間 AM10:00〜PM4:00
■休館日 月曜日・国民の休日(祝日が月曜日に当たるときは、その翌日も休館)
■入館料 無料

所在地 浦安市堀江3-3-1 
交通アクセス 東西線浦安駅下車、徒歩10分
駐車場
問合せ 047-354-5846((財)浦安市施設利用振興公社)
ホームページ http://www.city.urayasu.chiba.jp/dd.aspx?menuid=1502
データは随時見直すよう努めておりますが、掲載時と変わっている場合がございますのでご注意ください。また、リンクして いる情報内容や掲載企業の業務内容を保証しているわけではありませんので、本ページをご利用したことにより損害を 受けた場合でも、責任は負いかねます。
◆情報提供:Ossa
Last Update:Tue, 09/01/2009
博物館・資料館・美術館

>ホーム